FC2ブログ

お家の片づけ&お部屋の模様替えアドバイザー、無印良品研究家・菅原まき子ブログ@仙台

仙台の整理収納アドバイザー 、ルームスタイリスト・プロ、収育指導士、無印良品研究家・ 菅原まき子の「片づけ」「整理収納」「模様替え」についてのブログです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

1月17日に想うこと


※宮城県山元町中浜小学校の3月11日の時計

1月17日 阪神淡路大震災発生!

この日になると、3月11日とともに心なしか緊張します。

緊張したからといって、何かが変わるわけでも、取り戻せるわけでもないけれど、私たちは「忘れず、伝え続ける」必要があると思うのです。


防災危機管理者として学んだ際にも、その被害とそこから学ぶことがたくさんありました。

それを後世に伝えていくのを忘れてはいけない。

「災害にセオリーなし!」という言葉があるように、いつどんなカタチでやってくるかわからない。



その度ごとに学び、備える。

その繰り返し。


そして、今はあの日を忘れずに、今出来る精一杯を積み重ねていく。

大分前に、地震体験車で阪神淡路大震災を想定した震度、体験しましたが、それでさえもとても怖かったのを覚えています。




道の駅のお手洗いの中に木の温もりを感じて、少しだけホッとします。
ご覧くださってありがとうございます♪
応援のクリック宜しくお願いいたします(*^ー^*)
心地よい暮らしのヒントが詰まった素敵なブログも
沢山ご覧になれます
にほんブログ村 その他生活ブログ 整理収納アドバイザー・コンサルタントへ

整理収納アドバイザー/ルームスタイリスト認定資格法人
ハウスキーピング協会

ナイス住まいの情報館住まいるCafe北四番丁センター
住まいるCafeさん

| 震災:伝えたい/備えたい/防災危機管理 | 19:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

100円グッズでも出来るプチ耐震対策

お家の片づけ&お部屋の模様替えアドバイザー、無印良品研究家・菅原まき子です

耐震対策と言うと、大掛かりなイメージがありますが、最近の100円ショップには、ジェルパッドなどもあり、少しでも被害を防ぐことが出来ます。




転倒防止安全板も取り扱っているのを見つけました。


我が家の背の高い無印良品5段スタッキングシェルフで、グラグラと揺らしてみましたが完全に防げないとしても、避難にかかる時間を少しでも確保するのには、充分と思えました。





最初は、短い方しか見つけられず、2つ購入すれば良かったなと、後で思いました。




もう一度お店に行ってみると、長いものをみつけましたので、いただいて来て入れ替えました。

短いのは別の場所に使います。


家具によって、短いモノを2つ使いなど、バランスを見て使用すると良いですね。

背の高い5段の無印良品スタッキングシェルフの転倒防止には、付属の金具や、パッドもありますが、さらには6段目をオーダーで、天井高にピッタリする方法もあります。

【参照】
スタッキングシェルフのサイズオーダー

スタッキングシェルフ オーク材/ウォールナット材 サイズオーダー 価格表

スタッキングシェルフ・5段・オーク材 幅42×奥行28.5×高さ200cm

壁に貼る転倒防止パッド(2個セット) 2個セット(パッド・シート各2入り)

スタッキングシェルフ用転倒防止用補助金一式※現在リンクが切れています

災害にセオリーなし!と言われます、いつ?どんな形で?やってくるかわからない地震などに備え、出来ることを少しずつプチ対策始めてください。
<本文はここまで>


<今後の開催予定>
快適キッチンを手に入れよう!
※クリックで拡大します!
たったお一人からでも開催する「お片づけ塾」の詳細が決定しました。

次回は「快適キッチン」がテーマです。

この時期整理収納をスタートすれば、大掃除も怖くない!

ご自身のキッチンのお悩みが解決するヒントをお持ち帰りください。

是非ご検討下さい(〃⌒ー⌒〃)

【日 時】 2017年10月20日(金)
 A:10:30~12:30
 B:14:30~16:30
【会 場】 ナイス住まいの情報館 住まいるCafe北四番丁センター
【住 所】 仙台市青葉区木町通2-1-7 ナイスロイヤルタワー北四番丁1F
【受講料】 2,000円 
【定 員】 各回8名
【主 催】 仙台暮らしのスタイリスト Maki Style
【講 師】 菅原 まき子

「お申し込み」 こちらから


ルームスタイリスト2級認定講座のご案内
次回は秋の日程 9月24日
【石 巻】
【日 時】 2017年9月24日(日) 10:30~17:30
【会 場】 JEUGIAカルチャーセンターイオン石巻
【住 所】 石巻市 茜平四丁目104番地 イオンモール石巻1F
【受講料】 ※16,200円(別途テキスト教材費・認定料 8,100円を当日集金)
【定 員】 12名
【主 催】 JEUGIAカルチャーセンターイオンモール石巻
【講 師】 菅原 まき子

JEUGIAカルチャーセンターイオンモール石巻での2級講座のお申し込みはこちらから




こちらにご掲載していただいております。
       
ご覧くださってありがとうございます♪
応援のクリック宜しくお願いいたします(*^ー^*)
心地よい暮らしのヒントが詰まった素敵なブログも
沢山ご覧になれます
にほんブログ村 その他生活ブログ 整理収納アドバイザー・コンサルタントへ

整理収納アドバイザー/ルームスタイリスト認定資格法人
ハウスキーピング協会

ナイス住まいの情報館住まいるCafe北四番丁センター
住まいるCafeさん

| 震災:伝えたい/備えたい/防災危機管理 | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

防災の日をリマインダー的に活用して

整理収納と模様替えで、心地よい暮らしをご提案する
仙台暮らしのスタイリストMaki Style 菅原まき子です

無印良品研究家としてのブログ
http://ameblo.jp/maki-style/

防災の日をリマインダー的に活用して



本日は「防災の日」です。

仙台市内でも、震度6以上の地震が起こったという想定で訓練が行われていましたね。

今日は日頃忘れがちな意識を、今一度認識するためのリマインダー的に活用して、きっと忘れることのない3月11日に、再度見直しをかけるようにすると、最低でも半年に一度は見直すことになります。

もちろん毎月とか、ご自身で定期的にチェックされているのであれば、なおのこと備えになりますね。

災害時のスマホの活用法と、災害伝言板の使い方が書かれたシール、貼ってしまうとベタベタになってしまうので、スマホのカバーに挟んでいるのですが、今日はもう一度目を通しました。




また、長期保存のリッツや、キャラメルの日付をもう一度チェック!

あ、リッツがちょうど切れています。

入れ替えなくては!

また折りたたみバケツ、ビニールシート、カッパなどの「いざという時に使えるかな?グッズ」も劣化とかしていないかチェックします。




そして、避難所か書かれている防災マップもチェックします。

みなさんもちょっとだけ、意識をあらたにしてみてください。

そして、昨日の記事防災危機管理に新たに意識すべきことも併せてお読みください。

次回のお片づけ塾は10月を予定しております。
詳細はあためてご案内いたしますので、お待ちください。


<今後の開催予定>
ルームスタイリスト2級認定講座のご案内
次回は秋の日程 9月24日
【石 巻】
【日 時】 2017年9月24日(日) 10:30~17:30
【会 場】 JEUGIAカルチャーセンターイオン石巻
【住 所】 石巻市 茜平四丁目104番地 イオンモール石巻1F
【受講料】 ※16,200円(別途テキスト教材費・認定料 8,100円を当日集金)
【定 員】 12名
【主 催】 JEUGIAカルチャーセンターイオンモール石巻
【講 師】 菅原 まき子

JEUGIAカルチャーセンターイオンモール石巻での2級講座のお申し込みはこちらから




こちらにご掲載していただいております。
       
ご覧くださってありがとうございます♪
応援のクリック宜しくお願いいたします(*^ー^*)
心地よい暮らしのヒントが詰まった素敵なブログも
沢山ご覧になれます
にほんブログ村 その他生活ブログ 整理収納アドバイザー・コンサルタントへ

整理収納アドバイザー/ルームスタイリスト認定資格法人
ハウスキーピング協会

ナイス住まいの情報館住まいるCafe北四番丁センター
住まいるCafeさん

| 震災:伝えたい/備えたい/防災危機管理 | 19:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

防災危機管理に新たに意識すべきこと

整理収納と模様替えで、心地よい暮らしをご提案する
仙台暮らしのスタイリストMaki Style 菅原まき子です

無印良品研究家としてのブログ
http://ameblo.jp/maki-style/

防災危機管理に新たに意識すべきこと



29日早朝、あまり嬉しくないお知らせからのスタートでしたね。

6時起床のため、起きてすぐTVをつける直前のJアラートの音だったので、またどこかで洪水?

とか呑気でおりましたらば、いやいや北朝鮮からのミサイル!(@@;)

もうお知らせ来ている時点で、上空にあるのでは?と瞬時に色々考えはしましたが、実のところどうにもこうにも「頑丈な建物や地下」が近くにない状態ですので、う~んと唸りましたね。




それでも昨年「防災危機管理者」を取得させていただいている自分として、今後どう捉えていったらいいのか?

また、何ができるのか、協会に問い合わせをさせていただきました。



昨日のミサイル投下に関して、なすすべもなく
緊張からのスタートでしたが、教えていただきたいことがございました。

Jアラートでは

今すぐ頑丈な建物の中に・・・

あるいは、建物に・・・

とエリアメールがきましたが、自分にとって1番近い頑丈な建物とはどこなのか?

もわからないし、移動するつもりでありながら外に出たとき、万が一落下物等があるかもしれない・・・

など、想像もできないほどの不安から、逆に「何もしなかった」というアンケート結果もありました。

テロ等に対して、またこのような北朝鮮問題にたいして、私たちができることは具体的になんなのでしょう?

防災危機管理者として、何か発信するとすればどんなことになりますでしょうか?

昨日から、色々と考えてはみましたが、ブログにまとめることができすに本日になってしまいました。

もし何かアドバイスがございましたらば、お願いしたくメールしました。





以下が日本防災管理協会 事務局様からのご回答です。



北朝鮮弾道ミサイル発射の「Jアラート」に伴う行動につきまして、日本に落下する場合2分~3分の猶予しかないと言われておりますので、今回の場合、日本にとって未体験の状況ですが、室内・トイレ等で身を伏せておく行動が良かったと思います。

菅原様のおっしゃるとおり、別の丈夫な建物への移動は返って危険があります。

内閣官房の「国民保護ポータルサイト」に従い、ミサイル発射、近くに落下、室内にとどまる、避難場所へ移動する等、事前に確認しておくことが大切です。

今後につきましては、北朝鮮のミサイルが日本の排他的経済水域に着弾するものであれば、集団的自衛権の行使によりイージス艦より艦砲射撃を行い、それを逃れたものは、パック3を起動し迎撃することになります。

北朝鮮問題は、不確定な要素が多く、最新の注意が必要です。

今後、防衛省はイージス艦のミサイル防衛システムを、陸上に配備する「イージス・アショア」を導入する方針です。

Jアラートは、時間的に猶予のない緊急事態の発生を国民に伝え、迅速な避難行動を促すことを目的としています。

弾道ミサイルは、日本の政府や自治体としても未経験の状況です。

防災危機管理者は、災害発生時に対する基本行動がとれるように、また、住民に対して速やかに、正確かつ迅速な情報を伝達できるよう、落ち着いて行動することが大切です。

最後に、当会では菅原様のお仕事で、「備える」大切さを発信いただいていることを大変嬉しく思っております。

よろしくお願いいたします。

日本防災管理協会 事務局



こんな行動をするためには、日頃からの管理意識がとても大切であることは間違いありません。

先日も防災に関しては、備蓄だけでなくパーソナルファイリングなども管理してみてください・・・と申し上げましたが、もっともっと考えなくてはならないことが増えましたね。

自然災害だけでなく、日本も今何があるかわからない時代になりました。

「今を精一杯生きる」

それをあらためて感じた日でした。

日本防災管理協会 事務局様 ありがとうございました。
ご覧くださってありがとうございます♪
応援のクリック宜しくお願いいたします(*^ー^*)
心地よい暮らしのヒントが詰まった素敵なブログも
沢山ご覧になれます
にほんブログ村 その他生活ブログ 整理収納アドバイザー・コンサルタントへ

整理収納アドバイザー/ルームスタイリスト認定資格法人
ハウスキーピング協会

ナイス住まいの情報館住まいるCafe北四番丁センター
住まいるCafeさん

| 震災:伝えたい/備えたい/防災危機管理 | 14:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

防災危機管理者としての6年目の3.11

整理収納と模様替えで、心地よい暮らしをご提案する
仙台暮らしのスタイリストMaki Style 菅原まき子です

タグ別記事の一覧
整理収納アドバイザー
ルームスタイリスト・プロ

無印良品研究家としてのブログ
http://ameblo.jp/maki-style/


防災危機管理者としての6年目の3.11



どうしても緊張してしまう本日、そして午後2時46分

移動中でしたが、唇をかみしめて、黙祷させていただきました。


そして、そんなとき県北部で偶然目にしたのは「防災備蓄倉庫」

防災備蓄倉庫

この地域の防災に関する取り組みを伺ってみたくなりました。


防災備蓄倉庫には、食料や飲料水だけでなく担架や、阪神淡路大震災時に瓦礫から救い出すためにも必要とされたバールスコップ、また発電機などの資機材なども備蓄されています。

詳しくは仙台市の地震への備えと対応のページこちらにも記載されています。

自分の地域の防災危機管理状況というものについて、きちんと把握しておかなくては!とあらためて思いました。

まだまだ自分の無知を知る毎日です。


災害があったときに、内閣総理大臣の決定によって動き出すまでタイムラグがあり、政府はすぐに機能しません。

そんなときは、地域の自主防災組織がとても重要になるのです。


本日のNHK番組やその他特別番組によれば、本来の期限2年を過ぎても未だ仮設にお住まいの皆様や、お家を再建されたのにも関わらず、かさ上げ道路の予定地変更などにより、移転を余儀なくされていらっしゃる方も含め、さまざまな法のしばり、法の壁が行く手をはばむ結果になっていることもたくさんあるんですよね。

本来仮設住宅は、一時的に緊急措置としての住まい、長期的な住まいになる前提で作られていないこと、災害救助法:内閣府ページこちらのどこかに書いてあるんだと思いますが^^;

4人家族でこの広さ!という風に決められていて、拡張希望を訴えた市でも、簡単には実現できていないことなど。

仮設でのお住まいが長期化してくると、ご自宅の再建の意欲なども失われているということも、向き合わなくてはならない現実です。



仮設といえば、ありがたくも歌川先生からのご縁をいただいて、私がルームスタイリストの認定講座をはじめて石巻で開催させていただいたとき、8割の方が仮説からのご参加だったように記憶しております。

続けてほとんどの方が法人主催の1級もご受講された頃には、お家を再建された、あるいは再建中であるなど、少しずつ環境が変わり、模様替えも楽しむ&必要なものとして、皆さんの元に届くものとなりました。

そのとき私が涙したのは、皆さん周りの方々に気遣い、ひとりひとりこっそり・・・「先生、あのね、今度お家を建てるんですよ~」とか「今度引っ越して、仮設を出ることが決まりました。」とか、報告に来てくださいました。

お家再建中の打ち合わせも、まだ建設予定が決まっていない方への気遣いとして「普段着で、お茶飲みに来る感じで来て欲しい。いかにも打合せ的ないでたちで来ないで欲しい。」とおっしゃったと聞いています。



あれから4年、震災から6年、皆さんの環境も変わりつつあると思いますが、義父の畑のあった山元町など、防波堤やかさ上げ道路など地域との連携で進めていく部分においては、まだまだですね。


私も日常の細々したことも、知らず知らずおそろかになっていることを、きちんと整えることから頑張っていきたいと思います。

そうすることが、実は当たり前ではない何気ない毎日を大切にすることに繋がると思うので。


もう少ししたら、義母が沿岸部にも行きたいというので、一緒にでかけてみようと思います。

明日のセミナーは、震災時に甚大な被害のあった地区での開催になりますが、春休み前にお子様とのお片づけを楽しく取り組んでいただくために、お伝えさせていただきたいと思います。
ご覧くださってありがとうございます♪
応援のクリック宜しくお願いいたします(*^ー^*)
心地よい暮らしのヒントが詰まった素敵なブログも
沢山ご覧になれます
にほんブログ村 その他生活ブログ 整理収納アドバイザー・コンサルタントへ

整理収納アドバイザー/ルームスタイリスト認定資格法人
ハウスキーピング協会

ナイス住まいの情報館住まいるCafe北四番丁センター
住まいるCafeさん

| 震災:伝えたい/備えたい/防災危機管理 | 22:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT