FC2ブログ

お家の片づけ&お部屋の模様替えアドバイザー、無印良品研究家・菅原まき子ブログ@仙台

仙台の整理収納アドバイザー 、ルームスタイリスト・プロ、収育指導士、無印良品研究家・ 菅原まき子の「片づけ」「整理収納」「模様替え」についてのブログです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

100人いれば100通りの暮らしのかたち

仙台の整理収納アドバイザーMaki Style 菅原 まき子です

暮らしのかたち いろいろ

私が「整理収納アドバイザー」であることをお話しすると、いくつか共通の言葉が返ってきます。
ご覧くださってありがとうございます♪
応援のクリック宜しくお願いいたします(*^ー^*)
心地よい暮らしのヒントが詰まった素敵なブログも
沢山ご覧になれます
にほんブログ村 その他生活ブログ 整理収納アドバイザー・コンサルタントへ

整理収納アドバイザー/ルームスタイリスト認定資格法人
ハウスキーピング協会

ナイス住まいの情報館住まいるCafe北四番丁センター
住まいるCafeさん



「捨てないといけないんですよね?」
「物は買っちゃいけないんですよね?」
「プレゼントは消え物じゃないといけないですか?」


あらら、そんな(笑)

確かに、ある人にはあてはまり、ある人にはあてはまらなかったり・・・

そう、それは今の状態が、その人の暮らしのかたちに本当に合っているのか?

それを確認することが、一番大切なのですね。

そのために『整理をして、結果不要なものが出て来て、それをよりよい方法で手放して、『それでも処分しなくてはならないものがある。』

そこで初めて捨てるものがあったんだ・・・ということになります。

自分にとって必要なものを購入することに、罪悪感を持つことはないです。

でも、それを取り入れた暮らしのイメージが、曖昧だったり、そのために何かを手放す必要が出てきたり。

きちんとした自分のスタイルを作り上げていくときには、何かをINする時期もあり、何かをOUTする時期もあるのです。

INのみでは、許容量を超えてしまうことを意識していれば、買うことがいけないのではないことに気づけると思いますよ。

プレゼントは、消え物でなくてはいけないのではないのです。

ただ、モノを贈るときには、相手の人となりを良く知っていて、求めているものがわかっているというのなら、それは素敵なプレゼントが出来ると思いますよ。

でも、そんな風に人のことを理解するというのは、なかなか難しいものです。

それならば、是非楽しんでいただける、食べ物であったり、消耗品であったり、消え物のほうが、無難なのでは?

整理の理論がストンと自分の中に落ちる人もいれば、何度か失敗を重ねて気づく人もいます。

まずは行動してみることです。

そして暮らしを楽しんでください。

それが維持する一番の原動力(〃⌒ー⌒〃)
関連記事

| その他 | 22:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://maki-style.com/tb.php/288-45b836f2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT