お家の片づけ&お部屋の模様替えアドバイザー、無印良品研究家・菅原まき子ブログ@仙台

仙台の整理収納アドバイザー 、ルームスタイリスト・プロ、収育指導士、無印良品研究家・ 菅原まき子の「片づけ」「整理収納」「模様替え」についてのブログです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

暮らしの悩みはさまざま

仙台の整理収納アドバイザーMaki Style 菅原 まき子です

職人技

今日は引っ越しを控えた友人のお宅訪問。

写真は、さらなる友人のお父様(大工さん)制作のストッカー。

私の憧れの「あられ組」が施されて、釘を使わない職人技の逸品。

居室にものが出ていない、スッキリな暮らしぶりに思えましたが、悩みはありました。
ご覧くださってありがとうございます♪
応援のクリック宜しくお願いいたします(*^ー^*)
心地よい暮らしのヒントが詰まった素敵なブログも
沢山ご覧になれます
にほんブログ村 その他生活ブログ 整理収納アドバイザー・コンサルタントへ  
ルームスタイリスト認定講座

ナイス住まいの情報館住まいるCafe北四番丁センター
住まいるCafeさん


見えない部分に収められているものは、彼女の管理キャパを超えているということで、クローゼットの中のチェストは、開けたことがないと言っていましたね(笑)

かといって、10割とか11割とか収納ではありません。

むしろ8割収納だと思いました。

シューズストッカーは、1/3は空いていましたし、彼女は自分でお仕事を立ち上げたり、活動範囲も多く、また3人のお子さんのママであり、現時点では整える時間がないというご様子。

でも、このくらいの所有量ならば、一度きちんと見直して整えたら、そんな忙しい彼女でも維持することが可能だと思いました。

でも!このお宅は賃貸で、貸主さまの事情により、転居を余儀なくされました。

ここよりも各スペースが狭いお家になるようです。

ここはひとつ、物を減らす最大のチャンスである、このお引っ越しで、管理しやすい定数・定量を把握するといいね・・・と話してきました。

幸いご主人さまは、大好きな漫画のほかは、8割処分していい!とおっしゃっていたらしいです(笑)

荷造りする前にもう一度お邪魔して、減らす前の「新居に持っていくべきもの」と、そうでないものを分けるところから始めます。

普段付き合っていて、彼女ほど潔い人はいないのでは?と思っていたのですが、若いママでありながら会社を経営することで、時間のやりくりはなかなか難しいこともあったようで、リセットタイミングを逃してしまっているという悩みを抱えていたのです。

先日の知人の悩みで、スペースから言うとリビング隣の和室が、家族の動線が交差して、それぞれのものを置かれ、また洗濯物を片づけたりする部屋でもあるため、常にすっきりすることが出来ないと言ってました。

我が家もリビング脇の和室は、やや似たような現象が起こります。

私の作業場でもあり、洗濯物を片づける部屋でもあり、また息子のゲームタワー(?)のある部屋でもあり、何も置いてない和室!とはちょっと遠いですね。

それでも、それぞれの所有しているものを見直していくことで、多様部屋であっても、無駄なスペースを生まないように出来ます。

お客様それぞれの悩みのポイントを解決して、「あ~そうだったのか。」という色々な気づきがあるように、お手伝いさせていただきたいと思いました。
関連記事

| 整理収納(その他) | 22:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://maki-style.com/tb.php/212-b4374838

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT