FC2ブログ

お家の片づけ&お部屋の模様替えアドバイザー、無印良品研究家・菅原まき子ブログ@仙台

仙台の整理収納アドバイザー 、ルームスタイリスト・プロ、収育指導士、無印良品研究家・ 菅原まき子の「片づけ」「整理収納」「模様替え」についてのブログです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

社会学級研究会セミナーvol.1

お家の片づけ&お部屋の模様替えアドバイザー、無印良品研究家・菅原まき子です

社会学級研究会2018年度社会学級セミナー

第1回「多文化防災とやさしい日本語」


と題しまして、(公財)仙台観光国際協会 国際事業部国際化推進課
多文化社会コーディネーター(多文化社会専門職機構認定)
菊地 哲佳様にご講演いただきました。


※画像は社会学級研究会よりお借りしました。

大学の授業料をドブに捨てた感が否めない私にとって(・_・;多言語のコミュニケーションの大切さを、あらためて感じる時間となりました。

外国の方が、生活圏内で普通にいらっしゃる最近のことを思うと、普段の暮らしの中ではもちろん、災害時などはさらに「伝わる」ことが大事であり、双方のコミニュケーションが有効でないと、思わぬ事態を招きかねません。


※画像は社会学級研究会よりお借りしました。

実際に避難所内であったことを元に、イメージがしやすいように、4人のモデルを設定してワークショップが行われて、たくさんの気づきを共有できました。

特別演技力を求められていないのに、70代の佐藤さんになりきってしまった菅原ですが、カタコトの日本語しか話せない姜(かん)さん役にも力いれてしまった運営チームです(笑)

日本語って日本人でも難しいな(特に菅原が?笑)と思うわけで、それを「やさしい日本語」にする事例は、とても学びが大きかったです。

実際に留学されている方などに、伺ったところ、理解度が90%以上になったとありました。


ここ仙台、また日本にたくさんの外国の方がいらっしゃる中で、色々な状況の方がいるという想像力が、思いやりに繋がる

やさしく、わかりやすく相手のことを考えて情報のカタチを変える

これは、今回のテーマのみならず、暮らしの中で意識してたいことだなぁと、深くしみました。


※画像は社会学級研究会よりお借りしました。

講師の菊池哲佳様、ご来賓の皆様、社会学級研究会の運営の皆様、参加された学級の皆様

本当にありがとうございました。

菅原も、ちょっと噛んでしまいましたが(^^;)司会でお手伝いさせていただきました。

ありがとうございました(-^^-)

第2回目のセミナーは2018年10月23日(火)です。


こちらにご掲載していただいております。
       
関連記事
ご覧くださってありがとうございます♪
応援のクリック宜しくお願いいたします(*^ー^*)
心地よい暮らしのヒントが詰まった素敵なブログも
沢山ご覧になれます
にほんブログ村 その他生活ブログ 整理収納アドバイザー・コンサルタントへ

整理収納アドバイザー/ルームスタイリスト認定資格法人
ハウスキーピング協会

ナイス住まいの情報館住まいるCafe北四番丁センター
住まいるCafeさん

| 社会学級 | 23:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://maki-style.com/tb.php/1741-93c7f18d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT